忍者ブログ
ブログ内検索
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
バーコード
フリーエリア
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
[55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なぜ雲があるか知りたかった

  俳優で作家の石原良純(40)に、気象予報士の肩書が加わったのは97年だった。ダイビングに小型船舶、スキーなどのレジャーを楽しむ、根っからのアウトドア派。「明日楽しく遊ぶには、天気を知らなければね。天気は趣味との接点でした」。子供のころから雲に対して、並々ならぬ興味を持っていた。「実家が海のそばにあってね。僕は部屋の窓を開けて、毎朝必ず広い空を見ていたんですよ。どうして、あそこには雲があるんだろう、何であそこにはないんだろうって、いつも不思議に思っていた。そうやって考えるの、楽しいでしょう?」。
 気象予報士を受験したのは、お天気キャスター森田正光さん(52)の勧めもあった。「資格を取るというよりも『君の疑問に答えてくれるよ』と言われて勉強を始めたんです。それで気象学の本を読み始めたら、今まで疑問に思っていたことに続々と答えてくれるんだよ。驚いたね」。

 試験は2度目の挑戦で96年3月に合格。翌年に資格を得た。「最初はね、合格してもテレビでお天気キャスターをやるつもりはなかった」という。だが「空の楽しさを伝えられる番組になるのならいいかなと考え直して」と、01年4月からフジテレビ「FNNスーパーニュース」(月~金曜午後5時54分)に出演。お天気キャスターとしてお茶の間に登場した。

 空の楽しさ。インタビュー中に何度も繰り返した言葉だ。日本の空は、世界中で最も多様な雲を見ることができるという。そして、楽しむためには、まずは自分で見て、感じることが必要だと強調する。「空を見るのは、地方も都会も同じ。都会だからダメということはない。窓を開ければ空を見ることができるでしょ。まずは見ること。そして感じることです。本来、動物が持っていたセンサーを失わないで感じることなんですよ」。

 今後は俳優、作家、気象予報士の「3足のわらじ」をどうこなしていくのか。「僕も40歳のいい年になったので、自分の持っているものを相乗効果でやっていきたい。それは、二酸化炭素廃絶運動かもしれないし、小説を書くことかもしれない」。

(日刊スポーツ)

[PR]
 気象予報士合格指導講座

PR
忍者ブログ [PR]